ウェビナー 情報

定員:200名

ASEAN最新事情ウェビナー RCEP 第2回「第2章:物品の貿易章」

日時:9月29日(水)

時間:15時00分〜16時30分(日本時間)

講演者:久野 新氏(亜細亜大学 国際関係学部 国際関係学科 教授/博士(経済学))

主催/共催:国際機関日本アセアンセンター

参加費:無料

使用ツール:zoom

関連国:ASEAN全般,インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス

使用言語:外国語(通訳等あり)

 2021 年7月、国際機関日本アセアンセンターは、日本とアセアンの企業が「地域的な包括的経済連携 (RCEP)協定」をより有効にビジネスレベルで活用できることを目指し、全章を対象とした RCEP に特化したウ ェビナーシリーズを開始いたしました。RCEP は、進化し続ける「生きている(living)協定」であり、今後、政府間の協議は継続され、協定が変更されることを踏まえ、迅速にかつ逐次最新の動向を把握することが重要となります。本ウェビナーでは RCEP の各章の条文の一般的な理解・適用について解説し、各章に基づく日アセアン間のビジネス、貿易および投資への実務的な影響を検証します。また環太平洋パートナーシップに関 する包括的及び先進的な協定(CTPP)や二国間経済連携協定を含む他の協定との比較も予定しています。

 第二回ウェビナーとして、亜細亜大学の久野新教授をお招きし、RCEP の第二章「物品の貿易章」について講義いただきます。「物品の貿易章」では、締約国間の高い水準の貿易の自由化を達成するための物品 関連の約束の実施を規律する重要な要素が含まれており、また、締約国ごとに異なる関税上の特恵待遇が 適用される場合に適用される関税上の待遇を決定するためのルールも規定されています。さらに、この章は、 関税自由化の結果を補完する非関税措置に関する規定(数量制限の一般的廃止、非関税措置の適用 における透明性の向上、輸入許可手続の運用並びに輸入及び輸出に関する手数料及び手続の適用に関 するものを含む。)も定めています。

 今後の事業で RCEP を活用されたい企業、および RCEPに関する情報収集を目的とした企業を対象としております。皆様奮って第二回にご参加頂き、RCEP に関するご理解を段階的に深めて頂ければ幸いです。

関連ウェビナー