ウェビナー 情報

定員:200名

日ASEAN間のインパクト投資に向けて:政府・政策の役割とは?

日時:2月17日(木)

時間:15:00-16:30(日本時間)

講演者:開会 国際機関日本アセアンセンター Junior Programme Manager 小野綾
開会挨拶 国際機関日本アセアンセンター 事務総長 平林国彦
歓迎挨拶 ASEAN 投資調整委員会議長、ブルネイ財務経済省貿易部長 Ms. Norzerlina Hj Momin
金融庁 チーフ・サステナブルファイナンス・オフィサー 池田 賢志 氏
経済産業省 貿易経済協力局 投資促進課 総括補佐 栗原 優子 氏
GSG 国内諮問委員会事務局(社会変革推進財団)インパクトオフィサー 小笠原 由佳 氏

主催/共催:国際機関日本アセアンセンター

参加費:無料

使用ツール:-

関連国:ASEAN全般,インドネシア,カンボジア,シンガポール,タイ,フィリピン,ブルネイ,ベトナム,マレーシア,ミャンマー,ラオス

使用言語:外国語(通訳等あり)

この度、国際機関日本アセアンセンターは、ASEAN最新事情ウェビナー:SDGsシリーズ第7回を開催いたします。本SDGsウェビナーシリーズは、インパクト投資を中心に、アセアンとSDGs達成をキーワードに展開しているセミナーです。SDGs達成には、従来の経済的リターンの獲得に加え、投資を通じて社会的課題の解決を目指すインパクト投資が大きく貢献し得ると期待されております。

本ウェビナー第7回目は、シリーズの最終回として、「日ASEAN間のインパクト投資に向けて:政府・政策の役割とは?」と題し、日本の金融庁、経済産業省ならびにインパクト投資のエコシステム形成を日本で推進する、GlobalSteeringGroup(GSG)国内諮問委員会より三名の講演者をお招きし、日ASEAN間のインパクト投資の拡大にかかわる政府の役割や政策についてお話頂きます。また、そこから示唆される日・ASEANのインパクト投資市場拡大やエコシステム形成に向けたヒントを模索します。

本ウェビナーは、SDGs達成に向けた日本とASEANの企業や、今後のSDGs達成のための投資事業をASEANでご検討されている方々を対象としております。また、アセアンにおける事例収集にもお役立ち頂けます。皆様の奮ってのご参加をお待ち申し上げます。

関連ウェビナー