ウェビナー 情報

マレーシア・シンガポール・ブルネイ~複合社会と英語エリート、資源国の生き残り策

日時:2022年9月8日(木)

時間:19:00~21:00(日本時間)

講演者:石栗 宏貴(安全保障研究者)

主催/共催:株式会社KeyNoters

参加費:有料 (概要欄に記載)

使用ツール:google Meet

関連国:シンガポール,ブルネイ,マレーシア

使用言語:日本語

『東南アジアの地政学2022』は、KeyNotersが毎年開催している「地域研究セミナー」の一つです。月1回 x 年10回を1サイクルとした連続講座ですが、気になる回を単発受講することも可能です。

講師は、安全保障研究者でもありミャンマー研究者でもある石栗宏貴さん。東南アジア各国の歴史や地政学的リスクについて、最新の世界ニュースを含めながら毎回熱く語っていただきます。10回通して同じ講師が担当しますので、回を重ねるごとに親近感も深まり質問もしやすくなっていきますよ!


距離的にも心理的にも近い東南アジアですが、私たちが知らないことはまだまだたくさんあります。この機会に、東南アジアを一緒に深く学んでみませんか。

新型コロナ感染状況に配慮しながら、可能な限りハイブリッド(リアル+オンラインライブ配信+アーカイブ)開催いたします。リアル会場では、講義後に講師を囲んだ懇親会も実施します。(希望者のみ。キャッシュオンでいつでも退出自由)

 

第5回テーマ:マレーシア・シンガポール・ブルネイ~複合社会と英語エリート、資源国の生き残り策
かつては「マラヤ連邦」として一つの国であったマレーシアとシンガポール。両国がどのような過程を経て二つの国となったのか、そして多民族社会のマレーシアと都市国家シンガポールのそれぞれの成長過程について解説します。

更に SNS でちょっとした話題になったブルネイ王国について取り上げます。実態をよく知らないことが多く、資源国として地域の中でどのような生き残り策を持っているのかについて解説を行います。


<セミナー詳細> 

  • ライブ配信:9/8(木)19:00~21:00
  • アーカイブ視聴期間:9/9(金)~10/13(木)0時
  • リアル会場:Intersection Cafe(インターセクション・カフェ)
  • 住所:東京都千代田区神田須田町1-21-2
  • 地図:https://goo.gl/maps/5zUR2KXaswzo7vbj9
  • 最寄り駅:丸ノ内線淡路町駅A3出口徒歩4分/都営新宿線小川町駅A3出口徒歩4分/銀座線神田駅6出口徒歩5分/千代田線新御茶ノ水駅B1出口徒歩6分/JR秋葉原駅電気街南口・神田駅東口徒歩8分

 

受講料:

  • ハイブリッド(1回): 3,500円
  • ハイブリッド(5回): 15,000円
  • ハイブリッド(10回): 30,000円
  • ハイブリッド(再受講): 1,000円
  • ビデオのみ(10回一括):20,000円

※ハイブリッドチケットは、オンラインライブ・アーカイブのいずれも受講可能です。
※ハイブリッド5回・10回チケットは、『アフリカ概論』『世界遺産から知る中南米』の講義に使うこともできます。