ウェビナー 情報

定員:100名

【10月11日開催】現地化に向けた人事政策に悩む皆様へ。10/11無料セミナー<現法の人事施策と、本社人事との連携>

日時:2022年10月11日(火)

時間:日本時間14:00~15:30(開場13:45)
シンガポール時間13:00~14:30
タイ・インドネシア時間12:00~13:30

講演者:■タイ竹中工務店 梶川氏
■ヤクルトダノン 濱田氏
■早稲田大学トランスナショナルHRM研究所顧問 白木三秀氏

主催/共催:WS PARTNERS PTE LTD

参加費:無料

使用ツール:Zoom

関連国:ASEAN全般

使用言語:日本語

日本本社と、海外現地法人とのかかわり方は、古くて新しい問題です。

“OKY”(お前が来て、やってみろ) ― 海外現地法人にはこのような隠語があるくらい、本社の現地事情に対するの理解不足を感じている駐在者もいます。

いっぽう、本社の対応には不満のない企業でも、現地の悩みの解決策は、自力で見つけるしかない場合が多いものです。

 

そこでこのたびは、海外現地法人にとって2つの大きなテーマである「現地事情に合った人材政策」「人材政策に関する日本本社との連携」について取り上げた、有益な情報提供セミナーを実施いたします。

*今後テーマやゲストを変えて複数回実施を予定しております。

この機会にぜひお申込みください。

『ASEAN海外拠点×本社人事の連携のあり方を考える研究会』

お申込み: https://forms.gle/UUKcJBuaX3MamwTn9

 

―――――――――――――――――――――――

・現法から見て、日本本社は、現地事情をよく把握し、理解していますか?

・特に人事の面で、日本から必要なサポートを受けていますか?
 現地でわからないことがあったとき、助けを求められる部署が本社にありますか?
 あるいは現地側に、制度構築できるレベルの人事エキスパートが育っていますか?

・ローカル人材が実力をつけた頃に辞めてしまうことがある、もしくはそもそも優秀な人材の採用に苦労していませんか。

・さらに一歩進めて、海外でせっかく育てた人材を、グループ全体で活用できていますか。
 「日本語ができない」というだけで、本社とやりとりできず、活用範囲が限られる、ということはありませんか。

 

 

貴社に限らず、大半の企業で、このような現地と本社にまたがる課題を抱えています。

 

そこで、このたび弊社の東京本社(株)ウィル・シード社が、「人財面での現法と本社の連携」について、有益な知見が得られる座談会を開催いたします。

 

第一回の今回は、海外現地法人で、「人事経験ゼロ」から試行錯誤・悪戦苦闘して制度確立までこぎつけた2名のゲストをお招きして講演いただきます。

また、ウィルシード社の顧問で「国際人的資源管理」の専門家、白木三秀・早稲田大学教授による基調講演を行います。

 

現地法人の運営のための有益な知恵が得られますので、ご都合の合う皆様はぜひこの機会にご参加ください。

関連ウェビナー